読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

squee

ハンドメイドのショップ開店を機にブログを始めました♡

金属アレルギーのこと。

今日は少し?普段より集中して制作時間が取れましたので

昨日のブログに書いていた「デザインは頭の中では出来てるぞ」なブレスレットを

制作しました。そして、これが思った通りに出来たのでハッピー♡な気分で

早速写真を撮ってショップに出せました。これでやっと総品数が30に!

ショップ開店から一か月経とうとしていますが、やっと30・・・・

それでも自分的には頑張った!なんて思ってしまったりしています。

この調子で頑張りましょう→→→自分!!

 

先日、海外のクラフトパーツショップからチャームを購入したのですが

買ってから気づいたことがあります。それは「ニッケル・鉛を僅かに含む可能性のある

製品です」の表記。このお店はアメリカに所在があるところなのですが、この後ちょっ

と気になって日本のパーツショップもネットで回ってみてみたんです。

そうしたら、やっぱりこれは同じだろうな~同じ製品で間違いないだろうなという

ものを見かけました。

そして、その商品説明については特にこういった表記は無しでした。輸入品、とは

ありました。そんなものなのですね。うーん。これ相当普通に出回ってるんじゃ

ないかな?どうなんでしょうか。それとも表記がない、ということはイコールで

心配ないよ!という事なんでしょうか??今度聞いてみようかしら・・・。

  

私自身は、大人が、というか自分が着ける分にはそんなに気にしていないというか、

チャームが付いているものは帰宅したらすぐに外してしまう種類のピアスなので

と思っているところがあるんですが、今はショップにも綺麗に出来た作品は

当然おきたいです。しかしながら今後はこの点、気を付けたいです。

これからは、そもそもニッケル鉛の心配がないですよと明確にしてあるものだけを

購入します。普段、部品等は近くに貴和さんがあるのでそちらで購入しているので

すが、貴和さんは割とちゃんと説明に書いてありますよね。

(ちなみに、今回買ったチャーム二種に関しては、デザインはかわいいな~と

思ったものだったので、作品にした後きちんと注意書きをして出品しました。)

 

ニッケル・鉛についての対応はヨーロッパが一番厳しく、規制が敷かれています。

私も今日ネットで資料を読んでみました。(日本産業機械工業会出典の資料でした)

その次にアメリカ(でも注意書きを付けて販売している店は普通に存在するので

ヨーロッパほどは厳しく規制されていないかと)そして日本でもこの流れに対応

しているとは聞いてます。一時、100均製品に鉛の使われている部品が・・と

話題になった事もありましたよね。更に調べてみたところ、この話題にも触れてある

とても分かりやすい記事を見つけました。

 

www.jja.ne.jp

 

 これを読んで、やはる肌に付ける鉛自体には害が無いとされている、という認識で

いいのだなと一安心。ただ体内に入ると鉛中毒になりうる。大人はまさかチャームを

舐めたり食べたりしませんが、子供やペットは・・・・考えただけでも恐ろしい!!

鉛やニッケルのある部品はきちんと保管するのがまず鉄則!!ですね。

 

 

今日出品したブレスレット。このタイプは以前にも何度も作っていて

自分でも外出時に付けるのですが、気に入ってます。ピンとカンで繋ぐと

チェーンよりも存在感はでますが、ビーズの色と形効果でこれもシンプルで良い♡

強度も「重い買い物袋をブレスレットをした腕に持って活動する」とか

「子供の抱っこに対応する」等がなければ、安心して使えるものだと思います。

以前ピアスで作っていたものの「お揃いだったら」イメージだったので

作業の丁寧さに没頭できたと思います。ショップに出すものは丁寧第一で

やっているので、やはりまずデザインをちゃんと描きだしておくのって大事と

戒めとして自分に言い聞かせております~。

 

 

f:id:squee7373:20170320214848j:plain